宇賀なつみアナ、ワインを1人で3本飲む!赤ワインを!

Pocket

テレビ朝日「中居正広のミになる図書館」に、宇賀なつみアナウンサーがゲスト出演されました。

仕事終わって飲む!

宇賀なつみアナ「ロケとか取材に行く日もあるんですけど。何もなかったら、ホント午後2とかには帰って」

中居正広さん「午後2時から、お酒飲んでるんですか?」

宇賀アナ「そうですね」

劇団ひとりさん「いいなぁ、いいよなぁ」

小籔千豊さん「そうですね!」

宇賀アナ「大体」

中居さん「夜なんだよね、宇賀さんにとっては?」

宇賀アナ「はい」

中居さん「2時3時が!」

宇賀アナ「みなさんのアフターシックスくらいが、もう2時3時くらいなので」

中居さん「うん」

飲む順番!

宇賀アナ「家だと、だから太らないように発泡酒と焼酎とワイン。ワインも赤にしているんですよね」

劇団ひとりさん「赤は低いんですか?」

宇賀アナ「赤の方が太らないと思い込んるんですけど」

中居さん「ビール飲んで焼酎飲んで、赤ワイン飲むんですか?」

宇賀アナ「はい」

飲む量は?

劇団ひとりさん「どれくらいの量飲むんですか?」

宇賀アナ「今日は多分ワイン2、3本は飲みます」

劇団ひとりさん「えっ!1人で?そりゃすごいわぁ!」

小籔さん「そんな言うたら白、赤関係あらへんやん!量の問題や!」

管理栄養士から!

圓尾和紀先生「赤ワインが白ワインより、太らないと思っている宇賀さん。知りたくないと思いますが、赤ワインも白ワインも糖質はほとんど変わりません」

宇賀アナ「えっ!そうなんですか!」

圓尾先生「はい、そもそもお酒におけるカロリー何ですけども。2つありまして、まずアルコールによるカロリー、もう一つが糖質によるカロリーこれを足したものがお酒のカロリーになります」

中居さん「うん」

圓尾先生「一つ目のアルコールによるカロリー何ですけども。まあお酒を飲んだ後って、体が火照ってたりとか、熱くなったりしますよね」

中居さん「なります、なります」

圓尾先生「実はアルコールのカロリーというのは、その熱を作るために優先的に使われますので、あまり脂肪としては蓄積されにくいカロリーになります」

中居さん「あっそう!」

圓尾先生「はい」

お酒飲んだら太るわけじゃない!?

中居さん「お酒を飲んだからといって、太るって直結してるわけじゃないって事ですか?」

圓尾先生「そういう事ですね」

中居さん「ホントに!」

圓尾先生「つまり大事なのは、カロリーというより糖質。つまり炭水化物の量の事なんです」

中居さん「炭水化物の量?」

圓尾先生「ただし、炭水化物の量を見ましても、100gあたり赤ワインは1,5g、白ワインは2,0gとほとんど差はありません」

中居さん「じゃあワインは太らないと考えてよろしいですか?」

圓尾先生「そうですね、量にもよりますけども。糖質の量を見ますと」

宇賀アナ「ですよね」

圓尾先生「特に糖質が多いお酒ではないと言えると思います」

宇賀アナ「そうなんだ!」

一晩で3本!

劇団ひとりさん「一晩で3本空けるんですよ。それでも問題ないですか?」

圓尾先生「それは、ちょっと問題かもしれないですね」

宇賀アナ「2本くらいだったら大丈夫ですかね?」

中居さん「変わんないから、2本でも」

圓尾先生「2本も、ちょっと多いかもしれないですね」

中居さん「1週間に1回のご褒美だったらね!」

宇賀アナ「はい」

 

 

宇賀なつみアナウンサーは、酒豪ですね!1人で一晩3本を飲むってすごいですね。ホントにお酒が好きなんですね。宇賀アナは飲んだらどんな感じなんでしょうね。明るいお酒ですかね?でも、イメージ的に楽しいお酒のような気がしますね。だけど、圓尾先生が言うように適量を飲むのが良いですよね。

飲み過ぎは、体にも良くないですし、若い内はいいですが年齢が高くなると負担がきますよね。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です