野村周平さん、怒られて、先輩役者に殴られた!「踊るさんま御殿」

Pocket

日本テレビ系「踊るさんま御殿」に俳優の野村周平さん、真剣佑さんがゲスト出演されました。

先輩の俳優に!


明石家さんまさん「バッシっと役者さんに、怒られたことあんの?いいかげんにしろとか?」

野村周平さん「ありますよ。スゴイ、あの殴られたりとか、したこともありますし」

さんまさん「そういうことも。役者の世界も結構、お笑いと一緒で、(縦社会)縦厳しいもんな!」

野村さん「そうです。殴られたら、なんで殴ってんだろうと思うんすっよ、この人が」

さんまさん「なんでや!」

野村さん「なんか、殴んなくてもて、よくねぇみたいな」

井上裕介さん「それらもちろん、そうですよ」

Sponsored Link

真剣佑さんのスキンシップが!?

野村さん「帰国子女なんですよ」

さんまさん「おう、おう」

野村さん「だから、スキンシップの仕方が、スゴイ激しいんですよ」

さんまさん「逆に」

野村さん「(体に抱きつき)のむ先輩みたいな。もうなんかね。いいんですけど、ホント疲れてる時は、結構ウザったくて」

真剣佑さん「それは、ホントに好きな先輩とか。ホントに優しいんですよ。ねぇ、のむ先輩」と背中を軽く叩いた。

野村さん「優しいんですけど」

さんまさん「俺ら、先輩に、これせぇへんもん!」背中を叩かないと!

真剣佑さん「あっ」

さんまさん「日本のお笑いの場合、(背中を叩く)こうせぇへんねん」

北乃きいさん「出来ないですよね」

井上さん「さんまさんに、そんなんしたら怖いですよ」

さんまさん「俺も、井上がなんや!(背中を叩いてきたら)さんまちゃんって言うたら。ホンマガンっていってしまう」

井上さん「裏拳!裏拳きますか!」

さんまさん「なぁ、そやわぁ、違うねん文化が!」

他の先輩なら!?

野村さん「ホントに、俺で良かったと思うよ。でも、他の先輩とかに、やってたらあぶないよ」

真剣佑さん「やっぱり人を、選びます、選びます」

さんまさん「そやわ、あるの?そういうこと、失敗したことは?」

真剣佑さん「いや、ないです」

さんまさん「あっ、まだないの。相手、見てんのか!」

真剣佑さん「のむ先輩だから」

野村さん「なめてんのか!」

真剣佑さん「違います」

野村さん「なめてるってこと?」

真剣佑さん「のむ先輩だから、なんですよ!」

野村さん「そんな真剣な目で、見ないでよ」と笑った。
野村周平さんは、真剣佑さんのカラミで、バラエティーに慣れている感じがしましたね。反対に、真剣佑さんは、まだバラエティーやテレビに、慣れてない気がしますね。だから、野村さんに、なめてるてこと?の、返しが上手く出来ず、野村さんにそんな真剣な目で、見ないでよと言われたんですね。

番宣で、バラエティーに出ている野村さんとは、経験が違いましたね。でも、役者さんですから、バラエティーが本業じゃないですから。

それに、野村さんは、先輩の役者さんに怒られ、殴られた事があるんですね。厳しい世界ですね、なんか職人堅気な感じがしますね。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です