つんく♂さん、声帯摘出しての生活!それと、妻へのメール!「徹子の部屋」

Pocket

テレビ朝日「徹子の部屋」に、つんく♂さんがゲストに出演されました。

声帯摘出しての生活!

つんく♂さん「声帯を摘出すると、ものが喉を通らなくなるんですね」

黒柳徹子さん「そうでしょうね」

つんく♂さん「まあ、徐々にならてくるんですが、最初はゴマ粒でも、ひっかかるような」

黒柳さん「あ、そう、大変だね」

つんく♂さん「そこに、ゴマ粒的な大きなものが、入り口を塞ぐと」

黒柳さん「ゴマ粒でもですよ」

つんく♂さん「そのあとからは、何も入らないので。鼻から水分でも、なんでも逆流して出てくるんです」

黒柳さん「そら大変だわね!いっとき昔みたいに、ガバガバとか、ゴクゴクとかという事が出来ないわけだね。少しづつっていう」

つんく♂さん「赤ちゃんに、なったようなそんな日々で、もう食べるのが面倒になって」

黒柳さん「それで、召し上がらないで、いらしてた」

Sponsored Link

妻に!

つんく♂さん「サボってたら、妻に、あなたは4月に大学の入学式のステージ立って後輩達にエールを送るんでしょ!

なのに、そんなにげっそりしてたら、逆に生徒があなたの心配をして入学式どころじゃなくなるわよって言われて。そのあたりから、毎日いろいろとがんばって食べるようにしました」

喉に穴が!?

黒柳さん「あなたは(喉の所に)ここん所に、穴が開いて空気を通す穴は、こっちから、取っているので。ご飯食べるのは口の方からと、分けているので。

ここに穴が開いているから、あのお風呂に入った時に、ざぶんって入んないようにするのが大変だそうですけれども」

つんく♂さん「大変ってことはないんですが、子供と一緒にプールとか海には飛び込めないので、それが1番の残念ですかね。

普段のお風呂や温泉に浸かるくらいは問題ないんですが、子供がはしゃいで、バシャバシャし始めると」

黒柳さん「ひっかかってくるので。そりゃそうですよね。子供分からないもんね。ちょっと気を付けないといけません。そらそうでしょうね」

妻へメール!

黒柳さん「声帯の手術をなさる、もう話せなくなる前の晩に、朝早くってんですか、夜中っていうんですか。奥さまに、お出しになったメールがあるので、ちょっといいですか?(つんく♂さんは会釈した)

メール内容!

おはよう、いつもいつも本当にありがとう。お前がこれを読む頃には、もうすぐに手術だね。俺の人生に、こんな事が起こるとは思ってもみませんでした。

でも、それはお前の方がずっとそう思ってるよね。この病気の事がなくても、俺と結婚当時の事を振り返っては、失敗したと言ってるくらいなのに。

今度は病気で苦労掛けてしまって、でも俺は45歳にしてもう一度スタートやと思ってんねん。

だから、もう無理何回言っても、分からないんだからって、さじを投げないで、生まれたばかりの赤ちゃんだと思って、俺が分かるまでどんな事も丁寧に教えて。

ホント振り返れば、ここまでにならなくたってすんだ、ポイントがたくさんあったのは分かってる。でも、まあ、やっぱり振り返るのはやめる。

ただ、けしていい加減にした結果、こうなったんじゃないと言う事だけ覚えておいてな。これからは、今までより、ゆっくり歩いて見るから。

これからも楽しい人生を送ろう。お前がいてくれて、子供達がいてくれて、仲間もいて今本当に幸せです。お前の愛の深さも十分に伝わってる。今日は宜しく頼むね。絶対大丈夫だから、俺はお前と出逢えて幸せです。じゃあ寝るね。

これが、いよいよ、まあ声帯ホントに、あのお取りになる日の朝早くの奥さまに、お出しになったメールです。まあ、口に出しては言えないけれど。

声でお仕事をされていた方が、もうその声を取る事を選んだわけなんで。どんなに辛かっただろうなと、そこに選択がね。大変だったと思いますけどね。あなた前向きな方なんで、そこんところは」

もう一度、妻のメールを聞いて!

つんく♂さん「さっき、久々に自分の手術の前に書いた手紙を聞いてというか、耳にして。新鮮でしたが、本当に、この1年は人生の新たなる1回生として歩いてたなぁって思います。

確かに、これまでは歌でもなんでも、口を使って声を使って伝えてきたので、簡単に済ませてたことに、今すごいエネルギーを使い、それでも、頭の中にあるものの、半分も伝わらないことがありますが、だからこそ見えてくる場面もたくさんあって。

今が幸せという言葉が100%正しいわけではないんです。でも、なんか今までとか違う人生は、これは、これで楽しめるというか、やりがいがあると思ってます。

なので、僕に出来ることを探して、世の皆様と共有できたらと思います。今はただ、これから、また子供達のお迎えに行って、平凡な1日の始まりで。でも、それが、1番の幸せなんじゃないかなって。そんな風に思います」

黒柳さん「そうですよね。今まで、なかった事ですもんね」

 

 
つんく♂さんは、声帯摘出してより、言葉が溢れてきている感じがしますね。声を出せる人には、分からないストレスや、もどかしさを持ちながら仕事も続け、公の場や音楽活動をするって凄いエネルギーですし、何か有名方が声帯を失くし仕事する姿は、世の中いろいろな人の力になると言うか、それだけでも、伝わるものがありますね。

それに、つんく♂さんは、音楽意外で伝える事を、新たに与えられた感じもしますねいい意味で!

何か、平凡な毎日が幸せと言う事を、感じさせてくれるような、特別な事が幸せでは無い気がしますね。個人的に、いろいろ考えてしまいました。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です