松岡昌宏さん、阿部寛さんのチャラ〜い言動!「TOKIOカケル」

Pocket

フジテレビ系「TOKIOカケル」に、阿部寛さんと、岡田准一さんがゲスト出演されました。

昔、共演した時に!

松岡昌宏さん「家、近くて、いつも車で帰ってた阿部さんの」

国分太一さん「えっー」

松岡さん「送ってもらってたの」

長瀬智也さん「えっー」

松岡さん「都内と実家と2つあって。送っててよ、阿部ちゃん!今日ダメだ都内だから。やだよ!横浜帰ろうよ!

さっしろって、お前!って言われて。そんなのいいから、一緒に帰ろうよ!しょうがねぇなって、送ってもらってたの」

長瀬さん「へぇー優しい」

Sponsored Link

しょうがない!

阿部寛さん「13歳で、13歳カワイかったぜ!やんちゃでねぇ。ホント毎日、送れ、送れって言うって。ちょっと、遠回りなんだけど。しょうがない」

山口達也さん「優しい」

国分さん「わざわざ、遠回りしてるんですもんね」

阿部さん「ん、そう送ってて、やるよって」

長瀬さん「優し〜い」

松岡さん「スゲー優しかったんだから!ありがとう阿部ちゃんって言うって」

長瀬さん「先輩、後輩もないくらいの!」

阿部さん「そうだね」

チャラ〜い言動!

松岡さん「そんで俺、助手席乗ってんの。高速乗るじゃん、すると(隣を走る車の)横の女性とかが、あっ阿部ちゃんだ!って見るじゃないですか。窓開けて、レ〜イって」

岡田准一さん「そんな事、あった!?そんな時代があった?」

阿部さん「お前の錯覚だよ!それ!錯覚だよ!」

 

 



阿部寛さんは、スゴく優しいですね、後輩の松岡昌宏さんに怒らずに、送ってと頼まれて、家まで毎日送って行くなんて。阿部さんからしたら、松岡さんは弟のようだったんでしょうね。

でも、高速道路での、隣の車の女性が気付いての、阿部さんのチャラ〜い言動、スゴく面白いですね!岡田准一さんが、言うようにそんな時代も、阿部さんにはあったんですね。それに、当時阿部さんは、25歳でしたからね。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です