GENERATIONSメンバー失敗談と苦難!「ZIP!」

Pocket

日本テレビ系「ZIP!」に、GENERATIONSがVTRでインタビュー出演されました。

テーマ!

佐野玲於さん「収録作品のひとつひとつにも、テーマ感とか流れがあって。なんか、そういった事の流れがあって「SPEED STAR」っていうテーマにも、付随しているんで」

数原龍友さん「あの新曲として収録させて頂いた「RainyRoom」という楽曲なんですけども、自分たちがひとりひとりに別れみたいなストーリーがあって。

今までのGENERATIONSでは、見せることの出来なかった切なさを表現しました」

苦難を抱えたこと!

白濱亜嵐さん「GENERATIONSってデビューする前も、武者修行って言ってバス1台で、全国をパフォーマンスする。あの、時期があったんですけど。

その時は本当に自分も、何度か心が折れそうになったり。すごい悩んだ時期とかも、あったりしたんですけど。

やっぱり、メンバーがいて相談もしたりして、そういうのがあったからこそ。GENERATIONSとしていれるってのは、本当に素敵な経験だったなってのは、すごい思いますね」

メンバーのみなさんだから知る亜嵐さんの弱点ってありますか?

片寄涼太さん「亜嵐くんは、あの、弱点でもあり、すごくいい部分でもあるんすぅけど、ポジティブっていう」

佐野さん「怒られたときに、これは反省しなきゃいけない内容なのに、まぁ大丈夫だ、の事とか」

亜嵐さん「改めてがんばっていきます」

 

 
白濱亜嵐さんを含めてメンバーも、同じように悩み、切磋琢磨して頑張ってきたんでしょうね。苦悩している部分を感じさせないで、表現しファンを楽しませる事に徹してきたんでしょね。今は、たくさんの人に支持されたからこそ、話せる事でしょうね。

亜嵐さんのポジティブさいいですね!反省しなきゃいけない内容なのに、まぁ大丈夫だと思える柔軟な気持ちが羨ましいですね。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です