蛍光灯と白熱灯!生産!輸入を2020年までに、禁止!?

Pocket

政府は、省エネ・トップランナー制度を進め、

2020年までに蛍光灯、白熱灯をLEDに

入れ替え、省エネ対策の一環にする。

 

来年度までに、省エネ・トップランナー制度に、

照明について項目を追加し、LED並みの

省エネを達成するのが、困難な白熱灯と蛍光灯を

事実上、製造や輸入を出来なくする見込み。

 

甘利再生相は、省エネ・トップランナー制度は、

禁止政策でないとして、蛍光灯、白熱灯の使用・

生産・輸入が突如なくなるわけではないと説明。

 

一方、エネルギー効率の低い白熱灯は、

結果的になくなっていく形を示した。

 

今以上に、LED照明を広げることで、店舗や家庭の

エネルギーコストを下げ、省エネへの

本格的に切り替えを狙っている。

でも、まだまだLED照明の価格は高い、企業がもっと

価格を抑えた、製品作りが求められ、

LEDは、まだ消費者に優しくない。

だけど!

LEDは消費電力が少ないため、電気代が

抑えられる。電気を付けるとすぐつくし、紫外線を

出さないため、虫がよりつかない。

蛍光灯と比べても、LED照明の寿命の方が長持ちする。





5年後の2020年で、価格は下がるのか?

企業や政府の対応が、どうなるか問題!






sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です