駅名が売られる!銚子電鉄がネーミング・ライツで駅名!変更!

Pocket

フジテレビ系「めざましテレビ」で千葉県の銚子電鉄がネーミング・ライツ事業をしている事が放送されていた。

ネーミング・ライツとは!?

企業が一定の金額を支払い、施設などに独自の名前を付けらる権利!銚子電鉄は、乗客数の減少により経営が悪化し、一時は、名物のぬれ煎餅が全国的ブームで乗客数が持ち直したが。

またも、乗客数が減少し、銚子駅意外の9駅がネーミング・ライツを導入。それは、安定的な収入を得る為にネーミング・ライツで、駅名を企業に命名してもらい収入を得る方法を取り入れている。

銚子電鉄ネーミング・ライツ事業

ネーミング・ライツの事業は、駅によって違いますが!

1年契約で、相場100万円〜200万円!

銚子電鉄の新しい駅名!

パールショップともえ・販売額180万円

藤工務所・販売額180万円

ヒゲタ400年玄蕃の里・販売額150万円

髪毛黒生(かみのけくろはえ)・販売額150万円

ミッ星お米マイスター根本商店・販売額100万円

藤工務所 文芸の里・販売額120万円

ミストソリューション・販売額150万円

OTS 犬吠埼温泉・販売額200万円

ありがとう・販売額180万円

 

銚子電鉄は、年末年始の乗客数が去年より40%増加したようで、新しい駅名の影響が出ているみたいです!駅名を観たさに人が集まる、きっかけになりますねきっと!銚子電鉄は、地元の方だけじゃなく、各地の人の思いで支えられているんですね。

そんな話を聞くと、世の中は、まだまだ手を差し伸べる優しさや、余裕があるんだとホットします。人の輪や、気持ちの大切さが、需要になってきている感じが強く感じますね。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です