園子温監督の少年時代が凄い!

Pocket

園子温監督(53)が、テレビのトーク番組・フジテレビ系

「ボクらの時代」で少年時代のエピソードを明かした。

園子温監督は、

少年時代、何で学校に服を着て行かなくちゃ、

いけないのか疑問が、湧いて全裸で

登校した事を明かし、出演していた岩井俊二監督

(52)は、小学校何年の時と?質問し、

園子温監督は、小学2年と答えた。

それを、一種のエクスペリメンタル・イベントと言い、

実験精神だと言葉にした。

それで、先生に怒られ、じゃ、下半身だけ服を

着ないで登校しようと、いろいろ試行錯誤したけど、

結局ダメだったと語った。

革命家になっていって、すべてに腹が立ち、

実験を許さない学校に、と話し、自身は変態ではなく、

実験をしたかったと独創的な考えを明かした。

園子温監督は、25歳で「ぴあフィルムフェスティバル」

でグランプリを受賞し、インディーズ会で脚光を浴び。

その後46歳で「愛のむきだし」を発表し、

4時間にわたる問題作は、世界中の映画祭に、

熱狂的にむかえられ、ベルリン国際映画祭で

カリガリ賞・国際批評家連盟賞を受賞。

2012年「ヒミズ」は、激しい暴力描写の一方、

社会問題に斬り込む作品も数多く監督している。

話題作が、次々に公開され、今一番多忙な映画監督と

言われる一方で、新たな挑戦を見せている。

園子温監督は、今年だけでも、「新宿スワン」

「ラブ&ピース」「リアル鬼ごっこ」

「映画みんなエスパーだよ!」が公開された。

独立プロダクションを設立し、17年ぶりの

自主制作映画「ひそひそ星」を制作。

(2016年)公開。

ロサンゼルスにも、拠点を置き新たな活動を開始している。

sponsored link



Sponsored Link