小室哲哉さんが嫉妬した人が2人いる!「ビートたけしの私が嫉妬したスゴい人」

Pocket

フジテレビ系「ビートたけしの私が嫉妬したスゴい人」にて、音楽プロデューサーの小室哲哉さんが嫉妬した人を告白されていました。

小室哲哉さんが嫉妬した人!

小室哲哉さんは、1984年にTM Networkでデビューしてから

1987年「Get Wild」が大ヒットし一躍全国的に人気!

 

それから、1994年に楽曲提供した篠原涼子さんの

「愛しさとせつなさと心強さと」が200万枚の大ヒット!

trf「BOY MEETS GIRL」130万枚の大ヒット!

1996年には、安室奈美恵さんの「Sweet 19BLUES」300万枚超えの大ヒット!

1996年、小室さんが所属するglobeのデビュー・アルバムは400万枚超え売上!

 

ミリオンセラーを連発し、4年連続日本レコード大賞を受賞!

総売上1億5000万枚超え!

 




Sponsored Link






そんな小室哲哉さんが嫉妬する人は!?

 

小室哲哉さん「ガチな感じの嫉妬は、やっぱり2人ですね。

同じなのに、なんでこんなに劣等感感じるんだろうっていう。

全部がアーティストなんですよね、坂本龍一さん」


1983年に「戦場のメリークリスマス」で英国アカデミー賞作曲賞を受賞!

1987年には、「ラストエンペラー」で日本人初のアカデミー賞・

ゴールデングローブ賞・グラミー賞を総ナメにして、世界のサカモトと称される!

 

 

小室さんが坂本龍一さんに嫉妬した部分!

 

小室さん「芸術家なんですよ。僕は、芸術家だよねって言ってもらえることは、そんなになくて。

でも、やっぱりYMO(坂本龍一さんが所属)・イエローマジック・オーケストラ。

今で言うと日本のカルチャーを、外に知らしめるみたいな。

海外でスゴい人気らしいぞみたいな。

日本人にもこんな人が出てきたと思って」

 

デビュー前の小室さんは、音楽を模索していた!

その時に目入ってきた、YMOの全く新しい世界観に嫉妬!

 

小室さん「これウケるよな、そりゃみたいな感じでよく考えたなぁと思ったし。

そこで(坂本龍一さん)1番光ってた!嫉妬とか、ヤキモチとかっていう気持ちっていうのは個人的にありましたけど。

そのレベルがあまりにも、同じようなフィールドであまりにも上の人で」

マイケル・ジャクソンと会っていた!


 

小室さん「マイケル・ジャクソンに2回会ってるんですね。

で、TKって言ってくれて、曲作るんでしょ?どんな曲か聴かせてよウチに来てよって

言われてネバーランド(自宅)まで行った」

その時・・・

小室さん「YMOっていう言葉をマイケルが言ったんですよ。

1発でいいよね!って事で、やろう!っていうとこまでイケてるパワーを持ってる!

エネルギーが持てる楽曲を作れる方(坂本龍一さん)。

僕の場合は、デモテープで、やってみようかで終わてっるやつ

 

この時に、YMOの「Behind The Mask」をマイケル・ジャクソンが

すでにレコーディングしていた!

小室さん「同じ日本人の音楽家という意味では、やっぱり芸術家(坂本龍一さん)と

職業作家かミュージシャンなのかな。

未だに、なにも差は縮まってないですね。なにひとつ」

 

小室さんは、

マイケルに認められた坂本龍一さんの芸術家としての才能に嫉妬したいた!

もう1人の嫉妬した人!

小室さん「何もかもカッコいいし、まぁ最初は憧れだったんですけど。

嫉妬っていうより、ひがみですかね。」

 

小室さんが憧れから嫉妬に変わった人物は!

 

小室さん「カッコいいなしかないですね。吉田拓郎さん。」


70年代のフォークの概念を変えメジャーに引き上げた!

JーPOPの生みの親で、シンガーソングライターの草分け的存在。

それに音楽プロデューサーとしても数多くを量産!

 

小室さん「あんまり言ってないんですけど好きで、アルバムある歌詞とかずっと見てて

覚えるくらいのとこまで行っていたと思います。

何もかもカッコいいし、まぁ最初は憧れだったですけど。

だんだんちょっと悔しくなってきて(笑)

あんまり全部出来過ぎてて」

吉田拓郎さんのどこに惹かれた?

小室さん「日本の言葉、英語のワードが出てこないですけど一言も。

ポップスって英語から、HEYとかsometimeとか何でもいいですけど。

そこから入った方が入りやすかった曲が多いんですよね。」

ポップスには、英語の歌詞が多い!

しかし!吉田拓郎さんは、主に日本語で小室さんはそれを感じていた!

 

小室さん「旅の宿も、ちょっと温泉みたいな所。

浴衣のきみは〜から始まるんですけど、情景が全て、こう勝手に浮かぶというか。

その人なり、その人なりに浮かぶことが出来る。

何で日本語をうまく、何で普通のポップスに乗っけられるんだろう?」


小室さん「これも初めてお話する話だと思う。

WOW WAR TONIGHT(浜田雅功さんが歌った)の最初温泉が浮かびますよね?

景色として、温泉って僕言っちゃってますけど。旅の宿からですね。」

 

小室さんは、吉田拓郎さんの「旅の宿」から影響を受けて

「WOW WAR TONIGHT〜時には起こせよムーブメント」作って

ダブルミリオンを記録していた!

吉田拓郎さんの世界観に挑戦した曲!

この頃は、TKブームで時代の頂点を極めていた!

 

テレビ番組「TK MUSIC CLAMP」で共演!

この番組では、かなり吉田さんにツッコまれ!

吉田さんは、小室さんの色々なヒット曲はさっぱりわからない!と

言い切りタジタジの小室さん!

 

小室さん「1番ヘコんだ、回だったと思う僕が。

なんかズルいって言われた気もするし、上手くやり過ぎてて、なんか、ん〜。

もしかしたら、1時間以上はお説教みたいな感じだった(笑)」

 

 

憧れていた吉田さんから、厳しい言葉を受けた小室さん!

 

その後10年後に再会!

TKブームも終わり、もがいていた小室さん!

その時に、吉田さんと再会!

 

小室さん「偶然ですけど、いらっしゃって。

一言も会話してないですけども、ハグして頂いて。

僕が、何か言おうとしたのかもしれないけど、

 

でも言わせる感じじゃない。

何にもお前に言わせねーぞみたいな感じだったと思いますけど。

多分泣いてたと思いますけどね。泣くかもじゃない、泣いてたと思う。」

 

 

小室さんにとって吉田さんは?

小室さん「わかってて、色んなことを内包してくれるっていう。

やっぱり、嫉妬というかヤキモチというか、

いろんなプロセスがあるんですけど、最後に感謝」

 

小室哲哉さんは、吉田拓郎さんに憧れ、嫉妬し感謝していた!

 

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です