細川茂樹さん事務所契約解除は無効へ!マネジャーへのパワハラ行為はホント!?

Pocket

テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」にて、細川茂樹さんの事務所の契約解除が無効を紹介されていました。

所属事務所からの不当に契約解除を無効を主張!

東京地裁は、今月21日に所属タレントとしての地位を認めて

契約の継続を認める仮処分を決定!

仮処分手続きで主張が認められなかったが、文書で「大変残念ですが、ハラスメント等がなかった事を理由とした決定とは考えておりませんので、本訴手続きにおいて引き続き当社の正当性を主張していく所存です」と今後提訴する意向を示した。(引用・日刊スポーツ)

細川茂樹さんと所属事務所は、1年更新の専属契約をしていた。

所属事務所は、去年12月末に事務所契約解除を通知し専属契約を解除!

 

そして、細川さんは具体的な事情は一切説明されず解除は無効と!

 

東京地裁も、3か月前に契約解除の通達がなく

契約に関しては無効としてパワハラに対して決定はされていないようですね!

 

Sponsored Link

トラブルの原因は、マネジャーへのパワハラ?

元担当マネジャー「細川さんから、パワハラを受けてこれまで何人もマネジャーが事務所を辞めています。

自律神経失調症になり、診断書を提出して辞めていったスタッフもいます」

所属事務所は、マネジャーへのパワハラを主張!

 

所属事務所のマネジャーは!

事務所側「大した仕事も入っていない。マネジャーとして能力がないなど大声でののしり、打ち合わせと称した事実上の説教が日常的にあり。

1日平均2時間、最長は5時間に及ぶこともあって精神的な苦痛は計りしれませんでした」

それに、最近2年間でパワハラを理由に会社を辞めたマネジャーは3人いると説明しているようです。

細川さん側の弁護士!

テレビ朝日の電話取材!

テレビスタッフ「実際にマネジャーへのパワハラは?」

細川さん弁護士「無いです、そんなこと全くないです」

テレビスタッフ「過去に事務所とのトラブルという件に関してどうですか?」

細川さん弁護士「だって、そんなのがあったら、こんなに事務所続いてないじゃないですか、芸能活動が」

だから、パワハラを行っていれば10年以上も同じ事務所での芸能活動継続は不可能と主張している!

細川さん感謝している

細川さん弁護士「マネジメントに対しては、むしろ彼は感謝していますから。

ここまで芸能活動できたのは、事務所のおかげだと思っていまるぐらいですので」

それで、円満な関係を取り戻すために敵対視することなく協議を続けていくと話している。

契約解除での両者の主張は!



明らかに、意見が食い違っていますね!

長引きそうな話し合いが行われるでしょうね。

 

パワハラに関しては、難しい所がありますが、この内容だと細川さんがかなり悪いイメージがつきますね嘘でも本当でも!

イメージが大切な芸能界で、この件を解決しても仕事は出来るのでしょうか?

 

 

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です