鈴木亮平さん、ダイエット!痩せるから、やつれるが精神的にやられる!

Pocket

1月20放送NHK放送「あさイチ」にて、鈴木亮平さんがゲスト出演されダイエットについて話されました。

減らす法と増やす法どっちが楽!?

鈴木亮平さん「これ一概に言えないんですけど!ある程度までは、痩せるのは簡単なんですよ」

有働由美子アナ「はい」


 

鈴木さん「太るのは、無理して食べないと行けないのんで。ただ、その痩せるって状態から、やつれるって状態に行く時は。

精神的にやられるので、栄養失調の状態になるので」

井ノ原快彦さん「ええ」

鈴木さん「ほんとに辛いです。どっちかと言うと痩せる方が辛いです」

井ノ原さん「精神的にやられるって、どういう風な感じになっちゃうの?」

鈴木さん「あの、怒りぽくなるのが最初に来て、そこから無になるんですよ」

井ノ原さん「無?」

鈴木さん「あの、何も考えられなくなって。朝の2時くらいに起きちゃうんですけど」

井ノ原さん「うん、うん」

鈴木さん「そこから4時間くらいは、頭動いているんですけど。そこから、何もないゼロの状態になちゃいます」

井ノ原さん「えー」

鈴木さん「記憶も、体力も愛情も何もない状態になって寝たきりになる」

井ノ原さん「えー、それは役の為とはいえ」

鈴木さん「辛いです」

井ノ原さん「辛いですね」

鈴木さん「自分が変わっていくのが、どっかで分かっているので人格が変わっていくのが辛いです」

有働アナ「えー」

井ノ原さん「そんな思いしてるんですね」

鈴木さん「食べ物の事しか考えられなくなるので」

井ノ原さん「うん」

鈴木さん「あんまり僕は、アドバスってのは・・」

有働アナ「確かに、ちょっと極端ですもんね」

井ノ原さん「ある程度ならいいけども」

鈴木さん「唯一、言えるとすれば。あの食べるのを、小さいスプーンで食べる」

井ノ原さん「はいはい」



Sponsored Link






減量してた時は、小さめのスプーンで!

鈴木さん「僕は、減量して食べてた物を絵にしてもらったんですけど」とキャベツ納豆、鶏のむね肉、オートミールのおかゆ、ピーナッツバターが絵に書かれていました。

井ノ原さん「はいはい」

鈴木さん「キャベツとか。実際、ボウル1杯とか食べるんですよ」

井ノ原さん「えー」

鈴木さん「キャベツ噛むんですね」

井ノ原さん「はいはい」

鈴木さん「小さいスプーンでいくと、より噛むので。何回も、食べてるに気になりますし、人間噛むとお腹一杯になる中枢が働いてお腹一杯だなって。

20分くらい、食べ初めてから人間って、お腹一杯になってくるんですって」

井ノ原さん「ゆっくり食べていけば少なくてすむ?」

鈴木さん「そうです。なので小さめのスプーン、ちょっとずつ食べるっていいのかもしれないです」

 

 

 

 
鈴木亮平さんは、役作りで75kgから56kgまで体重を落とした経験があるようですね!役作りとはいえ、そこまでダイエットした経験は普通の人は中々ないでしょうね短期間ですから。

それに、56kgから86kgに体重を増やした役作りもされていますしスゴイです!

鈴木さんの言うように、ダイエットなどは栄養のバランスを考えないと精神的や肉体的に影響が出るみたいですから、気を付けてやらなければいけないですね!

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です