清水邦広選手のプロポーズは、夕焼百選の場所で中島美嘉さんに!そして、男泣き!?

Pocket

関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」に、バレーボールの清水邦広選手がゲスト出演されました。

プロポーズ秘話!

清水邦広選手「プロポーズは、僕から」

村上信五さん「自分から」

清水選手「自分から」

村上さん「なんていった、どういうった?」

清水選手「あの4年前にケガしてしまって。手術することになって、その時にずっと付き切りで看病してくれてたので」

村上さん「おう!」

清水選手「次は、僕が人生支えてあげようと言う事で。プロポーズしたいなって思ったんですけども」

村上さん「うん」

清水選手「何がいいかなって考えて。ドラマチックなプロポーズがしたいなって、ネットでいろいろ調べてですね」

村上さん「うん、どういうプランがあるかなって」

清水選手「どういうのが、やっぱ、女の人はグッとくるかなって」

村上さん「はい」

清水選手「やっぱり1ヶ月くらい考えて」

村上さん「いいね!」

清水選手「京都の海沿いの所に、夕焼け百選に選ばれた」

村上さん「日本の?」

清水選手「日本の」

村上さん「(丸山隆平さんに)おまえ、そんな知ってる?」

丸山隆平さん「全く知らない」

村上さん「どういう体勢やねん!」

丸山さん「もう、すごい気になって」

Sponsored Link

場所には、一度は!?

村上さん「実際ネットで見て」

清水選手「はい」

村上さん「ちょっと、こうリハーサルじゃないですけど自分の足で」

清水選手「そうですね」

村上さん「行ってみた?」

清水選手「いや、行くことはなかった。ネットで調べて、ここがいいって」

村上さん「夕陽百選があった」

清水選手「はい、で車で、まあ2時間〜2時間半かかるんですけども。まあ、妻に内緒でドライブ行こうぜって行って、着いたんですけども。夕焼百選、夕陽の時間帯じゃないとダメじゃないですか」

村上さん「そうやな」

清水選手「ちょっと時間を間違えてしまって、真っ昼間に着いちゃったんですよ」

安田章大さん「早いな〜大分」

渋谷すばるさん「遅いよりは。終わってまうより、まだましか!」

村上さん「ええか、向こうで、時間潰すかなんかしたんかな?」

清水選手「いや、周りなんもなくて。時間を潰す事が出来なくて。もう、これ今しかないと思って」

渋谷さん「昼間に!」

清水選手「熱い中」

横山裕さん「お天道様に向って」

清水選手「そうですね。でも、あの車降りて海沿い歩いて。いざ、言うおうとした時に」

村上さん「うん」

防犯ブザー止めてからの!?

清水選手「いきなり車の、防犯ブザーがなりだして」

村上さん「何、何?」

清水選手「分かんないっす僕も。で、慌ててジタバタして戻って」

村上さん「うん」

清水選手「震えら」

村上さん「音止めなあかんもんね」

清水選手「止めて、(海沿いに)ダッシュでかえて。結婚しようって言いました」

村上さん「そんなん!無茶苦茶や!」

渋谷さん「流れが無茶苦茶!あかん、あかん!どういう事?」

村上さん「夕陽は、なんやったんや!」

渋谷さん「ダッシュの意味?」

清水選手「ここしかないと思って。で、いろんな事、やっぱりぐちゃぐちゃたじゃないですか」

村上さん「うん」

涙が流れる!?

清水選手「で、やっと言えたって事に、感動してくれるかなって思ったんですけど。逆に僕が泣いちゃいました」

村上さん「自分で言うって?」

清水選手「自分で言うって、自分でちょっと泣いちゃいました」

村上さん「言えたと言う安堵感がな。ほっとした」

清水選手「そうなんすっよ。プランは、無茶苦茶でしたけど」

村上さん「向こうの反応は?奥さん返事は?」

清水選手「いいよって言ってくれました」

村上さん「良かった。包んでくれてる感じや!」

清水選手「はい」

安田さん「行きの車の中なんか、ドキドキしてたまらんかったじゃないですか?」

清水選手「たまらんかったですね」

村上さん「気付いてた?」

清水選手「いや、気付いてないし。僕も行き先を告げなかったんで」

村上さん「今日どこ行くの?」

清水選手「だんだんイライラしてるんすっよ」

村上さん「むこうが(中島美嘉さんが)」

清水選手「どこ行くん!?」

渋谷さん「そらそうやな!結構行くし(距離)」

村上さん「そうか、そうか。今日は、ご飯食べに行こうとか、何かを見に行こうなら分かるけど」

清水選手「何も言わずに、ずっと(車を走らせて)行ってんで。ずっとイライラしてた」

安田さん「着いて思ったら何もないもんね」

村上さん「何もないし、昼間やし、ブザーなるし。もう無茶苦茶や!」

清水選手「めっちゃめっちゃ出したね」

 

 

清水邦広選手は、結構計画生があるようでない、行き当たりばったりのプロポーズだったんですね。せっかく、計画しても勢いでしていまうタイプですね。でも、中島美嘉さんも優しいですね、きちんと返事を返し、いいシチュエーションでプロポーズして欲しいとか後で言わずに結婚したんですね。

sponsored link



Sponsored Link