2016年ペルセウス座流星群!見方と時間!と場所!

Pocket

今年2016年のペルセウス座流星群は、8月12日夜10時頃から13日夜明け前が見ごろ。

条件が重なれば1時間に多くて50〜70個は見れるようです!

初心者の方は、1時間に1、2ぐらいを目安に探しましょう!

 

それに、月との関係も見るためにはポイント!

満月だと、月明かりで流星群が確認しずらいですが。

今回は、月明かりが少なく良い観測状況です!

時間と方角は!?

特に、方角は関係なく全体に流れます!

だから、方角は気にしなくても大丈夫!

迷う方は、簡単です北東の空を見ていればいいでしょう!

 

12日の夜10時頃から、見始めるといいです。

12〜13日の明け方まで観測して下さい!

場所と環境!

見る環境もかなり大事です!

だから、明るい時に夜見る場所を確認する事をオススメします!

 

回りが明るくないか、安全な場所か!

夜空を広い範囲で見渡せる場所か!

(街明かりが、近くにあると流星群は探しにくいです。)

 

それに、子供や女性と見る場合は、トイレが出来る場所が必要です!

そして、虫刺され予防対策もお忘れなく!

寝転んで夜空を見るように、レジャーシートなど用意しておくと良いでしょう!人に迷惑のならない場所や行動をしましょう。

流星群って?

流星は、小さなチリが地球に飛んできた時に、大気と摩擦で発光するときに起こる現象です。

それと、ペルセウス座の方向から飛んでくるように見えるので「ペルセウス座流星群」となります。

活動期間は、7月20日〜8月20頃まで見れますが、8月12日の夜10時〜13日明け方が見頃!

こんなに長い期間続く原因として、かなり広い範囲にチリが分散したと考えられます。

それに、ペルセウス座流星群は2000年近くは継続して観測されている歴史ある流星群のようです。

まとめ

今年は、どれくらいの流星群が確認出来るでしょうね!夏休みですし、子供と一緒に見てみてはどうでしょう。それとも、彼女と!

1人で、見るのも良し、家族や友達、恋人と見るのも楽しいでしょうね!流れた所を、指差しながら!どこなど言い楽しい時間が過ごせそうですね。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です