福澤朗さんが、オススメあんこの食べ方!「徹子の部屋」で紹介!

Pocket

テレビ朝日「徹子の部屋」に、福澤朗さんがゲスト出演され、食パンのオススメな食べ方を紹介されていました。

オススメあんこの食べ方!

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

福澤朗さん「今日は、あんこ好きな徹子さんにちょっと変わった、あんこの食し方をですね」

黒柳徹子さん「へぇ〜」

福澤さん「あの幾つかご紹介」

黒柳さん「ご出身名古屋?」

福澤さん「いや、違います。よく今名古屋って名前出てきましたね」

黒柳さん「ええ」

福澤さん「名古屋、愛知県はあんこ偏差値は、僕の中でトップレベルですね」

黒柳さん「あんこは、名古屋ですね。朝のブレックファーストみたいなので、あんこがトーストなんだ。コーヒーやなんかでいっぱい出てくるって聞いた」

福澤さん「もうご存知じゃないですか!早速、あのお持ち致しましょうか!これ、ちょっと変わった食べ方の第1章という事で。

ありがとうございます。本番前にね、裏で、チーンってトーストの上がる音がしたんですが。これですよね徹子さんが、おしゃってたのねぇ」

黒柳さん「私食べた事ないんですけど」

福澤さん「ないんですか!これは新しいチャンス到来ですよ!あんこの魅力、満開です。これ焼き立てのトースト、これあんこ。これ名古屋で、購入された、小倉トースト用のあんこでございますんで」




Sponsored Link



トーストと小倉あん用意して!

黒柳さん「あーた先に、やって」

福澤さん「別に、変な物を食べさせようと、しているわけじゃないんで」

黒柳さん「ご自分で、ちょっとやってみて」

福澤さん「よろしいですか」

黒柳さん「ええ、あーたご自分で」

福澤さん「別に、なんてことないんです。これを、トーストの上に盛って。あっ、ごめんなさいこぼしちゃった」

黒柳さん「そうゆう風に盛るんですか」

福澤さん「盛って、このまま頂くだけですよ。よろしいですか。ん〜♪」

黒柳さん「(トーストに)それバター塗ってあるの?」

福澤さん「もちろんです」

黒柳さん「ジャムを付けるように、ちょっとやって頂けますか?」

福澤さん「やりましょうかね」

黒柳さん「いっぱい乗せて頂いて」

福澤さん「これは、やはり名古屋」

黒柳さん「名古屋の人は、こうやって朝ごはん食べるの?」

福澤さん「そうです!多いですよ、小倉トースト」

黒柳さん「ホントに」

福澤さん「東京の人、あんまり馴染みないかもしれないですけど」

黒柳さん「あのね、みんなね知らないと思って、名古屋だ名古屋だって。こないだもね、コーヒーにあんこ入れるんですって」

福澤さん「砂糖代わりに」

黒柳さん「そして、私飲んだらお砂糖じゃなくて、あんこだったもんだから、のどに引っかかって、ゲッボゲッボなったんですけど」

福澤さん「そうでしたか」

黒柳さん「じゃあ、頂きますね」

福澤さん「どうぞ、どうぞね。トーストに小倉あん。いかがでしょう?」

徹子さん味は?

黒柳さん「あの、ごめんなさい。あの美味しいんですけど」

福澤さん「はい」

黒柳さん「これあれですね。あんこと、パンとが別物?」

福澤さん「はい」

黒柳さん「ちょっと」

福澤さん「まだ、融合されてないですか?」

黒柳さん「うん」

福澤さん「まあ、お厳しい!満を持して持ってきて」

黒柳さん「でもね」

福澤さん「はい」

黒柳さん「美味しいですね

福澤さん「美味しいですよね!良かったです、良かったです。これ、やっぱりご存知のように、粒あんとこしあん有りますけど。

トーストに合わせるのは、粒あんの方がいいのかなって気がしますね」

黒柳さん「みなさんこれですよ!これ」

一度試して!

福澤さん「はい、関東地方の方は経験ないかもしれないですけど。一度やってみて下さい」

黒柳さん「ジャムを付ける事もいいわね」

福澤さん「まあ、そうですよね。で、いわゆる口の中であんぱんになるわけですから。あんぱんを頂いていると思えば、なんの違和感もないわけであって」

黒柳さん「朝から、あんぱんを食べようと思わないわよ」

福澤さん「僕、時々食べますけど」

黒柳さん「食べる?」

福澤さん「ちょっと、こう血糖値を上げたなって時。あんぱんと牛乳」

黒柳さん「でも、あれですね。バターが付いてるせいか、それがまた一層」

福澤さん「そんなんです。この融合が、これは愛知県では、当たり前の食べ方。で、あの〜(ことうどさよう)事程左様にあんこって、いろんな主食レベルの愛称がいい」

もう一つ!

福澤さん「ちょっと愉快な、あんこの食べ方ご紹介しております。あの今度目の前に白米届きました。炊きたてのご飯で、ございます。そちらに、添えてある」

黒柳さん「お海苔ですよね?」

福澤さん「普通、焼き海苔入ってますよね。ちょっと開けて頂きたいのですが。よろしいでしょうか」

黒柳さん「私が、はい」

福澤さん「この中に、入っているのが、なんと!はい」

黒柳さん「えー!」

福澤さん「これは」

黒柳さん「なんですか?」

福澤さん「これは、薄切りのヨウカンでございます」

黒柳さん「薄切りヨウカン」

福澤さん「つまりあんこですね。これを、どうするのかと言うのかと。まず手に、ご飯を取りまして。焼き海苔よろしく。(薄切りヨウカン)こいつをご飯の上に、乗っけてあげるわけですね」

黒柳さん「気持ち悪い」と笑った。

福澤さん「今、気持ち悪いとおしゃいましたか?あのね、えー!っておしゃた方の約半数が、これを食すとおっ!に変わりますので」

黒柳さん「そうですか」

福澤さん「はい、焼き海苔をくると丸めて。僕は、これをヨウカンライスって読んでるんです」

黒柳さん「いただきます」

福澤さん「いただきます」

黒柳さん「ヨウカンライス」

福澤さん「ヨウカンライスです」

おはぎに!

黒柳さん「これ、だって考えてみたら」

福澤さん「はい」

黒柳さん「ぼた餅食べたのとおんなじ」

福澤さん「ジャストミート!まさにそうなんです。そんなんです、みなさんね、えー!っておしゃいますけど。つまり、お米とあんこ、口の中でぼた餅、おはぎになるんですよ」

黒柳さん「おはぎになってます」

福澤さん「なってますでしょ!ですから、ちょっとウチで、おはぎにを食べたくなったなっと思ったら。

ヨウカンを、これ、あんこでもいいんですよ。ちょっとご飯の上に、乗っけてお口に入れれば。ウチは、おはぎに屋さんって事になるわけですね」

黒柳さん「これ随分、薄く切りましたね」

黒柳さん気に入る!

福澤さん「これ薄く切るのがポイントなんです。まさに、これ焼き海苔ですよね。徹子さん、相当気にいってらしゃるじゃないですか」

黒柳さん「そうなんですね、なんか。悪口言ったわりには、美味しいかな」

福澤さん「まさしく、先程、えー!とおしゃった方が、10数秒後にはおっ!に変わるんです」

黒柳さん「うん」

福澤さん「悪くないでしょ?」

黒柳さん「うん」

福澤さん「だからヨウカンとか頂いて、ちょっと緑茶とだけだと、つまんないなっと思ったら。あるいは、ご飯食べて、ほんの一口余る場合ありますよね。

そういう時、お茶かけちゃうのもいいんですけど。ヨウカンを薄く切って、海苔代わりに、デザートのおはぎ頂戴しましたという」

黒柳さん「どんなに、ヨウカン好きでも」

福澤さん「はい」

黒柳さん「ご飯、一口残った時に。頂いたヨウカンあったから、一切れ薄く切ってご飯に乗せて、食べようとあんまり思わないと思いますけど」

福澤さん「じゃあ、これをきにぜひ、新しいこう食卓が」

 

 

 
福澤朗さんがあんこが好きとは知らなかったですね。それに、食パンと小倉あんは美味しいそうですね!一度試したいですね。でも、ご飯とヨウカンは、わざわざ買ってやりたくないですね。貰い物のヨウカンなどで、やりたいですね。

それに、ご飯を食べていて一口余った時に、黒柳徹子さんの言う通りやらないですね。やるなら、何枚かの薄く切ったヨウカンを用意して、食べてみたいですね。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です