新納慎也さん、武将!新納忠明の末裔だった!?そして、NHK・BSの歌のお兄さんやっていた!

Pocket

NHK放送「スタジオパークからこんにちは」に、俳優の新納慎也さんがゲスト出演されました。

新納さんは、新納忠明の末裔!



真下貴アナ「新納さんって、お名前本名?」

新納慎也さん「本名です」

真下アナ「あの、なにぬねのじゃなくて、ろ!」

新納さん「にいろ!なんです」

真下アナ「なかなか難しい、お名前」

高畑淳子さん「なにぬねのじゃなくて、あっ」

新納さん「にいのさんとか、にーいのさんとか結構いらしゃるんですけど。実は、新納忠明と言う武将がいまして、島津藩に」

真下アナ「ほぅ」

新納さん「それこそ、あの秀吉の九州征伐で、攻め入られた武将が新納忠明って言うんですけど」

高畑さん「あの、ご先祖なの?」

新納さん「ご先祖なんです」

高畑さん「あら!」

新納さん「末裔、いきなり、オヤジが次男なので直京じゃないんですけど。一応末裔に」

高畑さん「あら〜」

新納さん「なるんです」

真下アナ「島津って事は、鹿児島?」

新納さん「鹿児島、父親が鹿児島で、一応世が世で、あれば僕はチョンマゲで」とセンスを仰ぐ仕草をした。

真下アナ「武将」

高畑さん「不思議なご縁ね!」

新納さん「そうなんですよ」

NHKの歌のお兄さんオーディション!

高畑さん「1997年NHK・BSの歌のお兄さんに選ばれます」と当時の写真が映された!

新納さん「これ、じゃじゃまるなんですけど」

真下アナ「じゃじゃまるとツーショット?」

新納さん「はい」

高畑さん「これは、きっかけはオーディション?」

新納さん「オーディションだったんですけど」

高畑さん「受かって」

新納さん「はい」

新納さん「あの・・僕元々、こう言ちゃなんですけど。別にお兄さんになりたかった分けじゃなかったです。役者になりたかったわけですから」

高畑さん「うちなるマグマをね!」

新納さん「そうそう。ただ当時は、あの舞台とかミュージカルとかっkて、入り込むのが難しかったんですよ。で、なんか役を掴むには、例えば芸能人の方であるとか。

なんかそういう肩書がないと、中々役が取れなかったので。まあ、それの為ちゃなんですけど。

そういう自分のキャリアアップの為に、オーディション受けないかって言われて。よし、じゃあやってみようと、思ったんですけど」

真下アナ「きっかけで」

新納さん「オーディションの日に寝坊して」

高畑さん「えっ、コラ!」

新納さん「遅刻しちゃって」

高畑さん「コラ!」

真下アナ「なんという」

新納さん「そうなんですよ。で、すいません、すいませんって言って。まあ一応、お姉さん。のちに一緒になっちゃうんですけど。

あの、お姉さんを受ける女の人が待っててくれて。オーディションは、歌は決まってるんです歌は。きたかぜこぞうのかんたろうだったんです。

これを歌う前に、お姉さんとお兄さんとフリートークをしてから、タイトルコールをして、きたかぜこぞうのかんたろうって言って、2人で歌い出すして下さいってのがオーディションだったんですけど。

フリートークで、いや、お姉さん最近僕寒いね!寒くて、僕布団から出れなくて寝坊しちゃった、きたかぜこぞうのかんたろうって言うのをやったら、もう審査委員はコイツ、とうとうネタにしやがったみたいな」

真下アナ「自虐ネタですね」

新納さん「そうそう。で、それで受かったんです」

高畑さん「え、そう」

新納さん「その時、相手をしてくれたお姉さんも受かったので、まあ彼女が受かったのは、僕のおかげみたなんですけどね」

プロフィール!

本名・(にいろしんや)新納慎也さん

生年月日・1975年4月21日・41歳

出身・血液型・兵庫県神戸市(A型)

所属事務所・オスカープロモーション

 

 

 

新納慎也さんは、武将の新納忠明の末裔とは知らなかったですね。正直、あまり歴史に詳しくないので、ハッキリと認識出来ないですが!中々、先祖が武将ってないのですごいですね。それに、新納忠明の末裔が今は、俳優でテレビに出てるのがすごいし、大河ドラマの真田丸に出演しているのも、何かの縁ですね。

それと、NHKBSの歌のお兄さんをやっていたとは知らなかったし、見た目のイメージが違いますね!でも、親しみやすい人だと、スタジオパークからこんにちはを見て思いましたね。

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です