さんまさんに、カッコつけてないで言えや!と加藤綾子アナ!言われ!

Pocket

フジテレビ系トーク番組「ボクらの時代」にて、

フジテレビ・アナウンサーの加藤綾子さん

(30)が出演し、明石家さんまさんに、

言われた言葉で、吹っ切れた気持ちを明かした。

 

 

今回は、フジテレビ・アナウンサー

椿原慶子アナ(30)・

加藤綾子アナ(30)・

山崎夕貴アナ(28)の出演。

 

 

加藤アナ「さんまさんの一言で、

肩の荷が降りたと言うか、もういいやと

思えた事を、話し始め」

 

アナウンサーとは!

 

 

加藤アナのアナウンサーのイメージが、笑わずに、

びしっとし、進行していく。そう言うように、

した方がいいと、思いがあるから、当たり障り

のない応えばかりしていた。

 

そんな、返しに、さんまさんが

「何やねん!おまえ!

カッコつけてないで、言えや!」と言われ、

吹っ切れた部分があり、笑いたい時は、
手を叩いて笑おうと。それは、自分に取って、

番組を楽しむためにも、いいきっかけに
なったと言葉にした。

また、何か変な事を言ちゃた時でも、

さんまさんとか、マツコさんがいるから、

何とかしてくれる、安心感があるから、

出来るとさんまさんを、信頼している事も話した。

ただアナウンサーとしてではなく、自然な気持ち

を出す事を、フジテレビ系「ホンマでっか!?TV」

(毎週水曜21時〜21時54分)

でさんまさんに、教わったんでしょう。

加藤アナ「たまに、自分で出演した番組を見て、

これ笑い過ぎだなと爆笑させた」

sponsored link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です