クリスマスケーキ作りのバターがマーガリンに!

Pocket

国内の生乳生産量が減少し、クリスマスケーキには、

欠かせない物、その材料のバターが、今不足している。

消費者に応えるため、企業はバターに

近いマーガリンを続々と開発。

マーガリン業界は、2014年度でバターの

名の付く商品が、24〜25%売上規模がある。

バターとマーガリンの違いは、バターの主原料は生乳、

マーガリンの主原料は、植物油。

マーガリンの主な原料は、菜種油やパーム油の植物性油脂。

マーガリンは、植物油に乳化剤などを混ぜ合わせ、

パンにぬりやすい、軟らかさを作り出している。

今、バター風味のマーガリン増えてきている、

バターは使用していない、バターから抽出した

香り成分などを、商品特徴に合わせ配合し、

バターの味わいを実現。

実際に、マーガリンでケーキを作ると、どうなのか?

作る手順は、バターをマーガリンに置き換える以外は、

手順は全く変えずに作っると味は、特別変わらない。

問題なく代用品として、使えるのがわかる。

マーガリンで、クリスマスケーキ作る時には、

扱う注意点は、温度管理。

温度が高いとマーガリンは、早く溶けるので、

なるべく涼しい所で作業すると良い。

バター不足の日本、こらからバターの名の

付くマーガリンが増えるかもしれません。

sponsored link



Sponsored Link